脂肪注入豊胸後のしこりの治療方法は?

オルチャンメイクセット

脂肪注入法豊胸で出来たしこりの原因3つと回避方法 

脂肪注入によるバストアップはシリコンバッグのような人工物を使用した手術とは異なり、細胞の拒否反応などがないため、最近では日本でも韓国でも一番人気のある豊胸術とも言えます。

 

しかし、最近では脂肪注入法バストアップ手術によるしこりの相談が増えているそうです。

 

原因の一つに、不純物の残留率が高い一般的な脂肪注入を行っていることが上げられますが、綺麗な脂肪を注入するコンデンスリッチ法でもまれにしこりが起こることはあります。

 

しこりができるにはいくつかの要因がありますので、本日はその原因と回避方法を探ってみましょう。

 

 

注入する脂肪の質と量がしこりの原因だった?

おもな原因3つをまとめてみました。知っておけば注入の際に防ぐことが出来る原因もあるので要チェックです。

 

@不純物が含まれていた場合

 

脂肪の定着には、血液から送られる酸素などの栄養が必要不可欠となります。

 

しかし、取り出した脂肪に麻酔液や血液が付着したままであったり、死活細胞や老化細胞のような不純物が完全に除去されず残ったまま注入してしまうと、これらが栄養素の循環を妨げ、注入した脂肪が死んでしまいます

 

死亡した脂肪、それがしこりとなってしまうのです。
回避方法としては、きちんとコンデンス技術で不純物を全て取り除き、脂肪を完全に綺麗にした状態で注入していくということが重要となります。

 

 

Aまとめて脂肪を注入した場合

 

不純物を取り除き、綺麗な脂肪細胞だけにして注入した場合でも、しこりができる場合があります。

 

その場合原因として考えられることは、「脂肪の入れすぎ」や1カ所からまとめて脂肪注入すると、バスト内で、脂肪が塊となってしまい、脂肪全体に栄養素が行きとどかず、脂肪が死んでしまい、結果しこりとなるわけです。

 

この場合、あらゆる層に少しずつ注入する「マルチプルインジェクション」で塊にならないよう、入れていくことがポイントなります。

 

 

B大量の脂肪を注入した場合

 

大量の脂肪を注入した場合はコンデンスリッチ法で行った場合でもしこりができる可能性があります。

 

かなりの量(片方で400CC程度)を脂肪注入可能と謳っているクリニックもありますが、それだけの量を注入するとバストが圧迫されるため、マルチプルインジェクション技術で注入しても乳房が酸欠状態になってしまい、結果脂肪が死んでしまう要因となります。

 

MAX注入できる脂肪の量には個人差がありますが、一般的には約250ccくらいまでが限界と言われています。この量を目安に自分に一番適した量を探していきましょう。

 

 

脂肪注入して出来てしまったしこりの治療法とは

 

できてしまったしこりの具体的な治療方法ついてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

直径1cm以下のしこりは1年程度で自然に吸収されることが多く、もし、気にならなければ、そのまま様子を見るのも一つの手です。

 

ただし直径1cm以上のしこりは、完全に吸収されることはほぼありませんので、触って気になるような明らかなしこりは、早めの治療をオススメします。

 

胸に出来たしこりをと取る三つの方法

 

しこりの治療方法は日本も韓国も同じ3つ方法です。

 

  • 穿刺法
  • 吸引法
  • 切除法

 

となります。

 

比較的簡単にしこりを取り出せるのは 脂肪注入してから数年以内。

 

しこりが硬く石灰化した場合はその部分の切除が必要となります。さらにしこり治療は一般の病院ではを受付けていない所が多いので、施術した美容外科または、美容外科がある総合病院に相談してみましょう。

 

 

ちなみに、THE CLINIC(ザ・クリニック)という病院では乳腺用エコー「エラストグラフィー」を全院に導入し、エコー画像をリアルタイムで確認しながら治療を行うため、体への負担が少なくしこりを取り除く治療を受けることができます。

 

 

■失敗しない脂肪注入法豊胸の受け方はある??

 

やっかいなしこり、、できれば最低限い発症率をおさえて注入したいですよね。そこで、失敗しない脂肪注入の受け方ですが

 

 

1)少しずつ脂肪を注入する
皮下や乳腺下だけに脂肪を注入するのではなく、大胸筋内や大胸筋下にもまんべんなく少しずつ注入していく方法です。
ちなみに、片胸250cc以上の量を注入するとしこりの発生率が格段に高まるので、一度にどれくらいの脂肪を注入するのか、クリニックに事前確認した方が良いと思います。

 

2)コンデンスリッチ法で行う
コンデンスリッチ法とは、特殊な技術で水分や血液、死活・老化細胞などの不純物を取り除き綺麗な脂肪を注入する脂肪注入術のこと。
脂肪の定着率が60~80%と高くしこりも起こりにくいので、最近では一番人気の方法です。

 

 

以下の2通りで高い確率でしこりを防ぐことができるんです。

 

 

しこりに対して積極的に予防方法に取り組み、コンデンスリッチ法を取りいれている美容外科は以下の3つです。

 

 

【コンデンスリッチ豊胸があるクリニック】

  • THE CLINIC(ザ・クリニック)
  • 湘南美容外科クリニック
  • 聖心美容クリニック

 

 

費用は通常の脂肪吸引よりあがりますが、のちにしこりを取る負担や費用(とるだけでも数万かかる場合も)最初に妥協せずに納得のいく方法で注入することをおすすめします。

 

そして大きな胸を脂肪注入で手に入れたい場合は、手術を一回で終わらせるのではなく複数回に分けて注入していく方法が効果が高く、自分の求めるバストに近づける一番の近道になるのです。

 

 

絶えられる??豊胸手術の痛みが続く期間はどれくらい?

豊胸手術,痛み,期間 豊胸手術は色々あり、術後のダウンタイムはそれぞれ術法によって異なります。中でもシリコンバッグや生理食塩水を入れる豊胸手術は「日常生活が普通に出来ない期間」が発生してしまいます。自宅でのんびり過ごせる人...

≫続きを読む

授乳に影響は?韓国で女性から人気の脂肪注入豊胸手術

豊胸手術,脂肪注入,授乳 豊胸手術の中でも、自分の脂肪を注入することで知られている脂肪注入は、韓国ではより自然な感触の胸を手に入れたい若い女性から大絶賛されている豊胸手術です。メスを使わないので傷跡が残りませんし、シリコンのよ...

≫続きを読む

ヒアルロン酸注入の豊胸手術はレントゲンには写らない?

ヒアルロン酸,豊胸,レントゲン 豊胸した際の心配の一つにレントゲンに写らないかというものがあります。会社の健康診断で、肺のレントゲン撮ったりしますよね。その際に写真で胸にヒアルロン酸を入れたことがばれてしまったらどうしよう、と心配す...

≫続きを読む

豊胸でいれたシリコンパック飛行機の気圧で破裂しないか不安?

豊胸手術,インプラント,シリコンバック,飛行機,気圧 ハリのある豊かな胸は女性の憧れ。胸を大きくしたいと豊胸手術をする女性は年々増えています。そして、昔にくらべて種類も豊富になり技術も向上しました。そのなかでもやはり数カップ一気にもサイズを上げたい人に人...

≫続きを読む

豊胸バッグはセキュリティーチェックやレントゲンでばれる??

豊胸,シリコンバック,セキュリティーチェック,レントゲン 憧れの大きな胸を手に入れて、三角ビキニや胸元の開いたカットソーを着て『男性』からの視線を集めたいですよね!コンプレックスである貧乳を手術で大きくしようと心に決めても、その後が不安。。豊胸手術後に誰もが...

≫続きを読む

正直、豊胸している女性って男性からどう思われてる?

整形,豊胸,男性はどう思う せっかく選んだ合飲み会用のワンピース。これだ!と思って試着したはいいけど、胸のあたりがブカブカでなんか残念。可愛い三角水着も、胸が無くて似合わない。。「あ〜やっぱりもっと胸があったらいいのに!!」女性...

≫続きを読む

豊胸手術ヒアルロン酸注入と 脂肪注入のリスクと後遺症

豊胸手術,ヒアルロン酸注入脂肪注入,リスク,後遺症 Tシャツやカットソーカラチラッと見える谷間、女性の憧れですよね。ふくかな大きな胸を手に入れるために思い切って豊胸手術をしたいけれど、いろいろな方法があるので迷われている方も多いと思います。特に気軽に出...

≫続きを読む

豊胸で入れたシリコンバッグでスキューバーダイビングは可能?

豊胸,シリコンバック,スキューバーダイビング 過去にロシアで胸に入れたシリコンバッグが飛行機に乗った後破裂したため、豊胸手術でバッグを入れると機内で破裂してしまうという都市伝説のようなものが流れてしまったニュース、この原因はすでに先日の記事でお答...

≫続きを読む

意外と短い?ヒアルロン酸豊胸の持続期間はどれくらい?

豊胸手術,ヒアルロン酸,どれくらいもつ 程よく張りのあるふっくらとした胸。女性なら誰でもあこがれますよね。そんな福与かな胸になりたい!!と最近人気の施術ヒアルロン酸の豊胸。手軽にできて、その場で量をみながら徐々に増やしたりできるため、初めて...

≫続きを読む

ヒアルロン酸豊胸1サイズアップに何cc入れたらいいの?

豊胸手術,ヒアルロン酸,何cc もうすぐ海の季節。セクシーな水着で周りからの注目を集めたいからヒアルロン酸注入で今すぐ胸を大きくしたい!でもヒアルロン酸豊胸を入れる方の疑問の一つ、一体どれくらいの量を入れたらいいのか・・・具体的に何...

≫続きを読む

ヒアルロン酸豊胸の後「胸の痛み」原因と防止方法は?

豊胸手術,ヒアルロン酸,痛み メスを入れずに行うことが出来でき、自然なふくらみと触り心地で人気のヒアルロン酸豊胸。「痛みはほぼない」と言われるの対し、実際の体験や口コミなどでは「痛みがあった」と書いている方をよく見かけます。実際に...

≫続きを読む

感染症や石灰化になる?脂肪注入による豊胸のリスク5つ

脂肪吸引,豊胸手術,リスク バストアップ方の中で一番自然な仕上がりになると言われる、脂肪注入法。韓国でも日本でも人気の施術方法なのですが、正しい注入方法で施術しないとしこりや感染症などのリスクを伴う場合もあるのです。今日は脂肪注...

≫続きを読む

激痛で怖い?シリコン豊胸した体験者が語る痛みの事実

豊胸手術,シリコン,痛み,どれくらい 豊胸手術は痛みを伴う、そんな噂を耳にしたことはありませんか?わたしの友人の中でも豊胸手術をした方は何人もいて、術後に激痛を経験したという知人がいます。本日は友人の経験をご紹介したいと思います。彼女が目...

≫続きを読む

脂肪注入の豊胸方法でしこりが出来てしまった!治す方法は?

脂肪注入によるバストアップはシリコンバッグのような人工物を使用した手術とは異なり、細胞の拒否反応などがないため、最近では日本でも韓国でも一番人気のある豊胸術とも言えます。しかし、最近では脂肪注入法バス...

≫続きを読む

彼にばれない?豊胸手術別に傷跡の詳細を徹底解説!

豊胸手術,傷跡,ばれない,治療方法 豊胸手術をしようと考えている方で、まず心配なのが手術後の傷跡で友達や家族、そして彼にばれないかどうか、、という点だと思います。整形することが昔から推奨されている韓国とは違い、やはり日本ではやっと最近す...

≫続きを読む

マッサージ次第!シリコンバッグと脂肪注入で豊胸手術したあとのケアは?

豊胸手術におけるアフターケアは本当に大切。これをしっかりとやるかやらないかで、1年後の胸のかたちやかたさまで違ってくる場合もあります。韓国では豊胸手術も頻繁に行われているのでアフターケアについての認知...

≫続きを読む

3ヶ月はブラ禁止?脂肪注入で豊胸した後の下着の種類と選びかた

整形,豊胸手術,脂肪注入後,ブラジャー  脂肪注入での豊胸手術後、約3ヶ月間はブラジャーをつけないほうが良いといわれる場合が多いのですが、だからといってノーブラで会社に行くわけにも行きません。ということで今回は、脂肪注入後なぜブラをつけないほ...

≫続きを読む

16歳で豊胸?未成年が整形できる種類と危険度まとめ

整形,豊胸手術,未成年 気がつくと胸が膨らみ始め、20歳を過ぎるとしっかりした大人のバストになってくる女性の体。未成年〜20歳は特に男性の視線も意識しはじめ、大きい胸に憧れる女性が出始める年頃だと思います。やはり胸が大きいと...

≫続きを読む


 
HOME 整形の言い訳方法 切らない整形 韓国の整形事情 整形サイトランキング